FANDOM


諸元
グラスゴー
Rpi-11-kallen
カレン機
Rpi-11
一般兵機
形式番号:RPI-11
分類:第四世代KMF
所属:ブリタニア
日本(鹵獲)
製造:ブリタニア
生産形態:量産機
全高:4.24m
全備重量:7.35t
推進機関:ランドスピナー
武装:スタントンファ×2
スラッシュハーケン×2
アサルトライフル×1
乗員人数:1人
搭乗者:紅月カレン
  

グラスゴー

機体解説 編集

ブリタニアが日本侵略時に使った初の量産型KMF。日本占領後はブリタニアの高官からの横流しで[1]反帝国グループでも使われている。標準色は茶色だが、カレンの使用機体は赤い塗装。日本解放戦線が本機を改造したKMF雷光をホテルジャックの際に使っていた。他に、暴徒鎮圧用の装備を施された警察仕様機ナイトポリスも存在する。
第五世代機が登場するまで、スタントンファ等の格闘戦用の武装が無く、ランドスピナーによる超信地旋回ができなかった。またカレン曰く、初期型は熱が篭りやすくかなり居住性が悪かったらしい。コックピット天蓋部には戦車のそれのようなキューポラがあり、必要に応じパイロットはそこから顔を出して外界を目視できる。この装備は後継機サザーランドまでは見られたが、以後のKMFでは姿を消した。
サザーランドへの世代交代で旧式扱いされているが、最新鋭機からのフィードバックも繰り返されており、初期型と比べて性能は向上している。

脚注 編集

  1. 小説版より。アニメ本編でもカレンの乗っている機体を見たジェレミアの「どこから流れたかは知らぬが」というセリフがあり、横流し品であることが示唆されている。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。