FANDOM


諸元
ガウェイン
Ifx-v301
形式番号:IFX-V301
所属:ブリタニア→黒の騎士団
製造:ブリタニア
生産形態:実験機
全高:6.57m
全備重量:14.57t
推進機関:ランドスピナー
フロートシステム
武装:ワイヤーカッター式
スラッシュハーケン×10
特殊装備:ドルイドシステム
ハドロン砲×2
ステルス機能
乗員人数:2人(1人でも操縦可)
搭乗者:ルルーシュ・ランペルージ
C.C.
  

ガウェイン

機体解説 編集

本編の主人公機。どの世代にも属さない試作KMF[1]。全高はサザーランドの1.5倍ほどの大型KMFでKMFとしては最大級の火力を誇る。ただし、巨体故に小回りが利かず格闘戦は不得意。
シュナイゼルが遺跡調査のために持ち込んだ実験機であり未完成箇所が存在したが、ゼロに奪取された後、技術者ラクシャータによって一応の完成を見る。複雑なシステムを搭載しているため、KMFとしては珍しい複座式(1人だけでも操縦は可能だが、全性能を発揮することは困難)であり、操縦は前席でC.C.が行い、指揮及び各種武装の管理は後席でルルーシュが行う。
電子解析システムの「ドルイドシステム」を搭載し、両肩に加粒子砲の一種「ハドロン砲」を装備する。その破壊力は1射で多数の目標を同時撃破可能な他、ランスロットのブレイズルミナスをもってしても受け止めきれないほど。また集束率の変更によって広範囲をなぎ払うなども可能であり、対地対空双方に秀でた使い勝手の良い兵器として猛威を振るった。また指先はスラッシュハーケンになっており、ワイヤー部分には切断能力を有する。これを使い、敵機をコックピットを傷つけずに無力化することも可能。
6枚の翼を持つフロートシステムによる飛行と、脚部に収納された大型のランドスピナーでの陸上移動が可能。この機体のフロートシステムは、他機体のフロートユニットとは異なり、中空にホバリングした状態での高射砲台・指揮官機としての運用を前提に設計されている。なおゲフィオンディスターバーの応用によりオリジナルにはないステルス機能も獲得した。
ブラックリベリオンにおいては指揮官機として猛威をふるったが、ジークフリートの猛攻によって神根島で海中へ没し大破。その後ラクシャータによってサルベージされ、搭載されていたハドロン砲を含むシステムは斑鳩へ、ドルイドシステムは蜃気楼へと移植された。また、ブリタニア軍では本機をベースとした量産機・ガレスがロールアウトされている。
『ナイトメア・オブ・ナナリー』では魔王ゼロが量子シフトで呼び出したが、ロロ・ヴィ・ブリタニアのヴィンセントに敗北し爆散した。だが、最終決戦では何事も無かったかのように復活している他、ゼロは乗り込んでいてもシートに座らずコックピットハッチを閉じずに、半ば移動の足程度でしか使っていない。
名前の由来はアーサー王伝説に登場する円卓の騎士の1人ガウェイン。

脚注 編集

  1. 「コードギアス反逆のルルーシュTheComplete」P79より

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。